犬

犬の皮膚病の防ぎ方は様々|掃除を徹底する

大切な家族との別れの儀式

御骨

自分のための事です

犬や猫は10年以上という長い期間にわたって一緒に暮らすことが出来るペットであり、家族の一員としてとても大切にされています。また、犬であっても室内での飼育が主流であるため、より家族との距離感が近く、なくてはならない存在になってくれます。だからこそ、ペットが人間よりははるかに短いその一生を終えた時に家族が直面する悲しみはとても大きなものになるでしょう。中にはペットロスに陥り、日常生活に支障をきたしてしまう人もいるといわれています。そんな事情もあって、ペット葬儀を行う人も増えてきていて、その方法にもいくつか種類があります。ペットロスにならないためにも、ペット葬儀できちんと区切りをつけて、その現実をきちんと受け止めることが大切です。

選ぶことが出来ます

ペット葬儀は個別葬儀と合同葬儀の2つに大きく分けることが出来、人間と同様に火葬をすることが主流になっています。個別葬儀を行う場合は、お骨が家族の元に戻ることになり、家で保管することも出来れば自然に戻す散骨をすることも出来ます。合同葬儀の場合には、火葬をしたのちに合同の墓地などに納骨されることが多く、合同墓地にはいつでも家族がお参りに行くことが出来る場合もあります。費用に関しては、ペットの大きさによっても変わってくることが多く、事前に業者に問い合わせをしてみるとよいでしょう。生活環境の変化もあり、近年ではハムスターなどといった小動物であってもペット葬儀を行う家族も増えてきていて、ペット葬儀の形も様々になっています。