男の人とペット

犬の皮膚病の防ぎ方は様々|掃除を徹底する

アレルギー疾患も原因です

獣医

寄生虫が原因の可能性

犬の皮膚に湿疹や発疹が見られたり、脱毛があったり、痒がる場合は、皮膚病に罹っている可能性があります。噛んだり、掻いたりすると皮膚の病変が広がってしまうため、早めに動物病院に連れていって、診察を受ける必要があります。市販の塗り薬を購入して、患部に塗っている人も多いですが、薬が合わない場合は悪化する可能性があるので、自己判断は避けたほうが安心です。外で散歩をさせている場合は、犬の体にノミやダニなどが寄生してしまい、寄生虫が原因の場合も多いですが、アレルギー疾患が原因の皮膚病の場合もあります。アレルギーの場合は、ペットゲージなどの周辺を清潔に保つ必要がありますし、埃やカビ、花粉などのアレルゲンは取り除いておく必要があります。

内臓や内分泌系の異常

現代は犬の生活環境が大きく変化しているため、精神的なストレスを感じていることも多く、体の免疫力の低下が原因で皮膚病を発症する可能性もあります。他の病気に比べると皮膚の疾患は慢性化しやすく、完治が難しくなるため、早期発見、治療を心掛ける必要があります。動物病院で診察を受けると、症状に合わせた外用薬や内服薬を処方してくれるので、しばらくの間は続けてみると良いでしょう。犬は高齢になってくると、内臓の機能が低下したり、内分泌系の病気に罹りやすくなります。内臓の病気が原因で皮膚病が悪化する可能性があるので、健康面が不安な場合は、血液検査などの精密検査を受ける必要があります。普段から犬の体をチェックして、皮膚に病変がないか確認してあげて下さい。

大切な家族との別れの儀式

御骨

大切な家族の一員であるペットを失った時の悲しみはとても大きいものであり、そんな家族の気持ちの整理をするためにもペット葬儀を行うばあが増えています。葬儀の形にも種類があり、費用も大きさによって変わってくるので、業者に問い合わせましょう。

ペットの購入を検討する

犬

室内犬として最も人気のある犬種がトイプードルです。数多くある犬種の中でも毛が抜けにくいため、室内犬として飼いやすいとも言われています。プードルを欲しがる人は多く、ペットショップでも売れて取り扱ってない場合があります。

供養のあり方

遺影

大阪でペット供養を行うなら個別と合同がありますが、目的や求める雰囲気に合わせて選べるのが魅力です。動物霊園では一年を通して様々な行事がありますが、長期連休を利用した供養では、地域色の強い行事を体験できます。